滋賀『おばるカイロ』大津市瀬田のカイロプラクティック院

大津市瀬田で元気を目指すカイロプラクティック院

 077-574-7821

予約

ネット予約もご利用頂けます。

所在地

〒520-2144 滋賀県大津市大萱5-34-1

瀬田駅から徒歩7分・草津イオン近く浜街道沿い

おばるカイロの日々の事

カイロプラクティックって何や?って勉強会

投稿日:2016-10-04 更新日:

10/2(日)

カイロプラクティックの3要素をテーマにした勉強会が開かれました。

場所は草津のライフスタイルカイロプラクティックさんです。

講師に和歌山から辻本善光BSCをお招きしての3時間の予定は

1時間近く延長する白熱ぶりでした(笑)

勉強会についての趣旨は前回のブログに簡単に書かせて頂いていますが

日本のあらゆるところで、出身校や団体、使っているテクニックなどの枠にとらわれず、カイロプラクティックを発展させようとか、楽しもう、と言う活動はいくつか存在します。

日本カイロプラクティック徒手医学会もそうですし

カイロプラクティッククラブのフィロソフィーナイトや、ソウルナイトと言った活動もそうです。

大阪や京都でも開催された事があり楽しく参加させて頂きました。

カイロプラクティックが好きだから、って集まる。素敵な事ですよね。

どこに所属している、どんなテクニックを使っている

そこが重要じゃないんです。カイロプラクティックなんです。

今回はそんな想いも含めた集まりでした。

 

 

カイロプラクティックって何よ?

今年はカイロプラクティックが日本に伝わり100年になります。

100年も経っていればカイロプラクティックはかなり定着しているはずですよね。

しかし現状は全く違います。

多くの人が、歪んだ骨を、ズレた骨を真っ直ぐにする矯正屋さんだと、いまだに思っています。

そんな仕事してて大丈夫か?なんて思っている友達もいます。

 

これは全て

カイロプラクター自身のせい だと思っています。

そして

教える学校のせい だとも思います。 ※おばる怒られるかも知れません。。。

おばるは1人の治療家でもあり、ありがたい事に教育にも関わらせて頂いていますので両方の責任がありますね。。。罪深い。。。。

 

 

カイロプラクターの責任

カイロプラクティックには、創始者:D,Dパーマーが伝えたカイロプラクティックの柱があります。

日本のカイロプラクティック業界では、その柱の部分が正しくカイロプラクターに伝わっていないのかも知れません。

もう、ずっと・・・・・おばるは迷ってます。

迷ってると表現するとネガティブに聞こえますが、探す、探求しているわけです。

 

会社などにも創立者の哲学がありますよね。

それが色んな部署に分かれる、又は2代目に代わる。

それだけでも何かが変わっているかも知れません。

実際よくある事ですよね。

 

dsc_3222

 

A'は創立者の哲学と、もしかしたらAの考えも加わっており、A'自身の考えも加わる可能性がでてきます。

そうすると、A'とE'では全く違った解釈の創立者の哲学を引き継いでしまっている可能性があるのです。

10人で行う伝言ゲームでさえ最終的に変わってしまう事って多いですよね。

D,Dパーマーが伝えたカイロプラクティック

カイロプラクティックとは、自然の法則に基づく哲学・科学・芸術であり、病気の原因となる脊柱上の分節の不正列を、素手によってアジャスト(矯正)するシステムである

哲学・科学・芸術

D,Dパーマーが初めて行ったアジャストメントは、17年以上も音を聞き取りにくい状態であったハービィ・リラードと言う人物の脊柱の不正列(サブラクセーション)を戻す為にスラスト(アジャストメント)を加え、聴力が戻ったと伝えられています。

この文だけ読むと、ズレた骨戻したら良くなったんか~

と、なりそうですが

『これは偶発的な事ではない。はっきりとした目的をもって、予期していた結果である。

アジャストメントは粗雑なものではなく、スペシフィック(限局的)なものである。』

とD,Dパーマーは言っています。

哲学・科学・芸術と言っていた人が

「ズレている骨を矯正したら、自然治癒力が働くから大丈夫!」

とは絶対言っていないはずなんです。

科学の目で診て、特定の部位を刺激すれば再生できる(自然治癒力)と予測できたから、スペシフィックなアジャストメントを手で施したはずなんですよね。

 

カイロプラクティックが大事にすべきこと

卒業後も辻本先生とお話する機会は多くありましたし、学生としても講師としても色々教えて頂きましたから無意識にと言うか当たり前のように植え付けられていたのだと思います。

洗脳されたかな(笑)

 

カイロプラクティックは自然治癒力を活かすと言う目的『哲学』の為にアジャストメント『芸術』を施しますが

その為には、その人(患者)の問題点は何かを明確に探し出す『科学』が必要だという事です。

『哲学』があるから『科学』で診て、『芸術』を施す。

全てが必要なんですよね。

 

おばるの迷い・悩み

おばる個人の探し物の答えはちょっと出なかったので、引き続き探求します。

とにかく、カイロプラクターはサブラクセーションをアジャストメントする事を忘れたらいけない!って事はずっと変わりません。

 

今まではボキボキする事がカイロプラクティックの目的のように思われていたんです。

でも、カイロプラクティックの目的はそうじゃない。

なぜアジャストするの?

どこをアジャストするの?

いつアジャストするの?

そこには根拠が必要なんです。

自然治癒力を向上させると言う目的の為に。

 

 

と言った事を考えさせられる内容の勉強会でした。

 

 

 

患者さんの力になりたいという思いでカイロプラクティックをちゃんと学ばれた先生方は、お会いしてお話すると皆さん同じ思いだという事に気が付きます。

自分がやってる事ですから、好きなんですよ。頭硬くなかったら(笑) 繋がれます。

 

辻本先生、集中し過ぎたせいでとても胃が痛くなりました。いつも考えさせられるお話し、ありがとうございます。

ご一緒した先生方、ありがとうございました。

-おばるカイロの日々の事

Copyright© 滋賀『おばるカイロ』大津市瀬田のカイロプラクティック院 , 2018 All Rights Reserved.