引いて、足す。元気を維持するために必要だと思う事

2018-01-16

先日、僕が月に2回、多くて3回施術を受けに行っているという記事

を見て、心配して下さった方々が居られます。

どこか悪いの?。。。と

ありがとうございます。

おばるは、かなり元気で週末はお酒も美味しくいただいています。

 

調子が悪いというか、何やろなぁ~。。。困ったなぁ~

という体調変化を自分でコントロール出来ない時期があったので、ここ4か月ほどは100%のおばるで居る為に、月に1回だったコンディショニングを2~3回に増やすと丁度良かったので、とっても調子が悪いからという事ではありません、ご心配して下さった皆様本当にありがとうございます。
最近は月2回です!

 

改善目的のカイロプラクティックは、コンディショニング目的に変わり継続中です(*’▽’)

おばるも今年厄が明け、43歳。自分自身の健康管理にはより前向きに取り組もうと思っています。

 

調子が悪い時は、やはりそれだけ体には負担が掛っているはずですから、

その負担を取り除く(引く)事と、

身体に必要な刺激を加える(足す)

という事をすることで調子は良くなりますし、維持も出来ます。

そういうバランスも重要!!

 

これも先輩に教えてもらった事そのまま書いているだけですけどね(笑)

 

 

 

 

 

 

娘の学校ではインフルエンザで学級閉鎖が出たと連絡がありました。

手洗い、うがい、食べて、寝て、動いて、身体に刺激を入れていきましょう!