滋賀『おばるカイロ』大津市瀬田のカイロプラクティック院

大津市瀬田で元気を目指すカイロプラクティック院

 077-574-7821

予約

ネット予約もご利用頂けます。

所在地

〒520-2144 滋賀県大津市大萱5-34-1

瀬田駅から徒歩7分・草津イオン近く浜街道沿い

カイロプラクティック

不定愁訴と呼ばれる症状、そこに関係する硬膜、脳脊髄液の循環

投稿日:2018-09-05 更新日:

台風一過の今日は、家の片付け等で忙しい方が多くキャンセルが相次ぎました。

おばるカイロも片付けが必要だった為助かったところもありました
皆様、台風の被害は大丈夫でしょうか。

僕が時間が出来た事にする事と言えば

  1. 寝る
  2. 筋トレ
  3. 症例の見直し
  4. 掃除
  5. 遊びに行く

がありますが、今朝はちょっと症例について見直しをしている最中です。

二つの論文を引っ張り出し目を通しています。

 

脳脊髄液漏出症:
以前は脳脊髄液減少症と言われていましたが、『もともとの脳脊髄液量を客観的に測定する方法はなく、減少しているかどうかは診断できない』事から、画像検査上で髄液漏出所見が認められる「脳脊髄液漏出症」と言う疾患名の使用が提唱されているとの事です。

実はこの疾患、頭痛・頚部痛・全身倦怠感・視覚障害で長年お困りの方々から割とよく耳にします。

12年ほど前のカイロプラクティック徒手医学会でもお話を聞いたことを覚えています。

脊椎に対する硬膜の付着部位について、2~3年前に新しい情報に出会い、脳脊髄液漏出症ではありませんが、大きく変化する様子を目の当たりにした事もありました。

4月からセミナ参加はしばらくお休みし、娘のミニバスのサポートに時間を費やしていますが、現代は欲しい情報を指先だけで探し出すことが出来るのでありがたいですね。

 

脳脊髄液漏出症は、むち打ちなどの交通外傷、医原性で発症する事はよく知られていますが、ウェイトリフティングや頚椎への力任せな矯正と称する施術で発症した報告もあるようです。

頚椎への負荷。上肢へのくり返す牽引力。

その力は腕神経叢、神経根、硬膜へ

後頭下筋群と筋硬膜橋、脊柱の弯曲、柔軟性も重要です。

 

補完代替医療(CAM)としてのカイロプラクティックですが、多くの方は【医療的な期待】を持って来院されると言うことをいつも感じます。

カイロプラクティックには、哲学:philosophy と 科学science が備わっているという事をもっと僕自身に叩き込む必要がある事を再認識!

面白い✨

 

 


応援してくださるととても嬉しいです。

-カイロプラクティック

Copyright© 滋賀『おばるカイロ』大津市瀬田のカイロプラクティック院 , 2018 All Rights Reserved.