整体・カイロは大津市瀬田の『おばる』

滋賀県大津市で『食べる』『動く』『寝る』を大事にしている『おばるカイロプラクティック』

http://obaru-c.com

脊柱管狭窄症

思い込みのせいでなかなか良くならない事がある~脚の痛みとしびれ~

投稿日:

2018年、10月から施術を受けてくださっている方がいます。

【症状】
右太ももの突っ張る痛み、右下腿のしびれと痛み
歩く事が辛くなっている(足を引きずるように歩く)

【診断名】
脊柱管狭窄症

男性 70代

 

下肢症状、痛みとしびれの経過

2017年1月
右足の脛の部分に痛みが出るようになり、レントゲンの所見から脊柱管狭窄症と診断。

学生の頃から続けているテニスを断念。

 

2017年9月
MRIの所見から手術を検討してはどうかと勧められる。

2018年5月
脊柱管狭窄症の治療で有名な所でセカンドオピニオン
同じく手術を勧められる

2018年10月
おばるカイロに紹介で来られる

 

おばるカイロでの追加質問で得た重要な情報

画像による検査以外行われていない

2017年8月、ある動作をきっかけに症状が増悪している

大腿周囲の症状はテニスをしている数年前(ずっと前)からあった

その他

 

整形外科的テスト、神経学的テストを行った結果

問診は重要なテストの1つです。
追加質問で得た情報から、おばるカイロでの施術は可能だと判断しています。

つまり、【脊柱管の狭窄】自体はカイロプラクティックでどうこうする事は出来ませんが、症状の引き金になっている要因は【脊柱管の狭窄】以外に何か他の事も絡んでいる。

と判断したので、いくつか確認のためにテストを行いました。

反射神経と知覚神経の確認

【自覚所見】
右下腿後外側にしびれ(一般にS1領域)
両足底にしびれ(一般にL5領域)

【他覚所見】
反射・知覚、共に左右差(ー)
知覚:両足底に関しては触圧・痛覚感じている
整形外科的神経学テストでは左右差(ー)
カイロプラクティック神経学的にテストをすると左右差(+)

その他に歩容の確認

整形外科的テスト

教科書通りに進めると、理学的診察(問診、視診、触診、聴診、打診)の後に可動域検査や徒手筋力検査、整形外科テストの順に行いますが、重要なのは初めに行う理学的検査です。

検査の前にしっかりとしなければいけない検査という事になります。

おばるカイロでもそうですが、特にカイロプラクティックでは過剰な刺激を加えてしまわないように、理学的検査に続いて神経学的な検査をすることが多いと思います。

そして、この段階で僕の頭の中には2か所

股関節と頚部をチェックする必要があると考えていました。

 

ただ、今回男性のご希望で

腰椎を触らないで欲しい

きつい施術はしないで欲しい

 

何故かというと

 

脊柱管狭窄症が悪化することが怖い

カイロプラクティックが何なのか分からず怖い

 

そんな背景もある事と、先に行ったテストから予測できたので、整形外科テストは負担も掛かりそうだったので行っていません。

行うとしたら、股関節と頚部に関してのテストを選択していたと思います。

 

施術の回数と経過

1回目:10/23

2回目:11/9

3回目:11/26

4回目:12/18

5回目:1/16 (2019)

6回目:2/16

2年近くテニスを休み、もう2度と出来ないかも知れないと諦めて居られましたが、5回目の来院時に教えてくださった事は

『100m程であれば軽く走れるようになってきたし、春からテニスのレッスンを再開しようと思う。』

6回目の来院時は

『軽めのジョグとピッチ走行を増やしているし、ラケットの素振りも出来るようになった。』

嬉しいご報告です。

 

施術の流れはいつも同じ

理学的検査から始まり施術をする。

検査結果が変われば施術内容は変わります。

 

2年間ずっと

脊柱管狭窄症だから、このまま悪くなるから、テニスはもう出来ない。

そう思っていたことが大きく変化して来ているようです。

 

-脊柱管狭窄症

Copyright© 整体・カイロは大津市瀬田の『おばる』 , 2019 All Rights Reserved.