外傷無しに隠れた不具合

 

昨日、久し振りに雲の隙間には青い空
そのタイミングで花壇のお手入れをして頂きました。

おばるカイロへ来られた際は眺めて行ってくださいね✨
元気出ますよ🎵

 

問診中やメールでの問い合わせ中に気付く事がたくさんあります。

診断行為はカイロプラクターにとって違法ですから、疾患名を書いたり、告げたりは絶対ダメ。

マッサージしますもダメ。(しませんけど)

 

でも、明らかに、何かがオカシイよな?

と感じる事があり、質問は続きます。

 

交通事故やスポーツ中のアクシデント、経験した事のある方は多いと思いますが
外傷はなく、大した事はありませんでした。

 

とおっしゃる方が多い。

例えば

赤ちゃん、子供が転んでテーブルで頭を打った。
こんな時によく、大声で泣いてるから大丈夫。と言った事を目安にされてる方も居られると思います。

僕も、ビックリしたり、たんこぶや擦り傷が出来た痛みから大声で泣いている娘を見て、ホッとしたりもすることがありました。

逆に、強くぶつけたのに傷ひとつなく、まったく泣かない娘を見ていると心配で心配で病院に連れて行ったこともありました。

 

外傷がなかったから大丈夫。

じゃない事が身体に起こっている事もあります。

前回のblog

[st-card id=6375]

も、そのひとつに入ります。

 

そして、カイロプラクターの手によって調べるとバイオメカニクス(生体力学)の乱れが見つかったりします。

※骨がずれてる、歪んでる。そんな事ではありません

実際辛い症状に苦しむ方は多いです。

しっかりと見付けられる『手』と『直感力』を高めていこうと思います。

 

 

 


応援してくださるととても嬉しいです。